おススメ

【徹底比較】スロージューサー +自分にぴったりな製品の選び方

JAC Recruitment

長年愛用していた高速ジューサーの搾汁出口部分の部品が割れてしまいました。

だましだまし使っていますが、いよいよ買い替え時期です。

次は低速ジューサー(スロージューサー)にするぞー!

しかし、各社いろんな種類があり、どう選んで良いものか。。。

取説、YouTubeなどを参考に、自分にぴったりのジューサーを選定しました。
この方法を使えば、ご自身の使用環境にぴったりのしかも客観的にジューサーを選定することができます。

結論:テスコム製TSJ800に決定!!!

以下に選定の行程をお伝えします。

まず、必要な基準(ジューサーを選ぶ目的)を明確します。これがとても大事!
私の場合、「朝の忙しい時間をできるだけ時間短縮したい」が優先基準になります。
この基準は、人によって異なるでしょう。
例えば、コスト優先、重さ優先、大きさ優先などなど

大丈夫です、以下の流れに従ってご自身にぴったりのジューサーを選定しましょう。

具体的な選定方法を紹介!

(1)おすすめスロージューサーなどのキーワードで検索し、メーカー、型式をいくつかピックアップします。(5製品くらいが比較しやすいです)

(2)各社のホームページより取説をダウンロードします。(取説がダウンロードできない場合は、ホームページの商品紹介ページやYouTubeなどを参考にします)

(3)主な仕様を一覧表にします。

(4)各仕様を見比べ、ランキング形式で優越をつけていきます。以下の例ではAからEまで5段階でランク付けをしています。(Aが優、Eが劣)

(5)ランクを点数に変換します。
以下の例ではA=5点、B=4点、C=3点、D=2点、E=1点としています。

(6)重み付け(何を優先順位とするかを選ぶ)をします。

私の場合、「朝の忙しい時間をできるだけ時間短縮したい」という目的がありますので、洗いやすさが一番の優先順位となり他の仕様の中で一番の重みをつけています。
例では「洗いやすさ」に「2」の係数をつけ、(5)の点数に対しx2(かける2)とします。

同様に「投入のしやすさ」は材料を切る時間短縮につながるため重み(係数)を1.5としました。

また、ジューサーを同じ場所に固定して置いておけるスペースがないので、移動を考え「質量」も重み(係数)を1.5としました。質量は直接的な時間短縮には繋がらないかもしれませんが、重いと毎日の移動がおっくうになってしまうと思い、重みつけをしました。

ちなみに、サイズは本体の大きさのみですので、さらにカス受け及び搾汁受けのスペースも考慮しておく必要があります。ヒューロムは搾汁受けを含めたサイズとなっているため、一概に他の製品と比較はできません。しかし、保管スペースを考えると本体サイズは小さいに越したことはないですけど。

結果発表!!!

1位:テスコム TSJ800
テスコム (TESCOM) スロージューサー ローズピンク TSJ800-P

2位:シャープ EJ―GP1
3位:ヒューロム アドバンスト100
スロージューサー HUROM(ヒューロム)アドバンスド100 低速ジューサー H-100-EBAA01 ワイン H100EBAA01

4位(同率):パナソニック MJ―L600、クビンス JSG−821

 

洗いやすさではヒューロム アドバンスト100がダントツなのですが、総合的に判断すると3位です。

材料投入のしやすさではクビンス JSG−821が抜きにでてますが、総合判断すると5位。

手順(5)の時点ではクビンスがパナソニックより優位でしたが、最終結果は両者同率4位となりましたね。

つまり、色々と迷う要素(因子と呼びます)がありますが、この方式を使うと総合的にかつ客観的に判断ができます。
ABCランク付けの時は若干、主観が入りますが。。。

まとめ

私の場合、「朝の忙しい時間をできるだけ時間短縮したい」を第一優先にし、コストやその他の使い方などを加味して総合的かつ客観的に選んだ製品は「テスコム TSJ800」となりました。(スロージューサーの機種を選ぶ前提のため、高速ジューサーは除外しています)

現物での比較はなかなか難しいので、取説やYouTubeのレビューだけでも、ご自身の環境にあった製品がかなり絞り込めると思います。

因子を増やせばさらに確度があがるでしょう。
今回は因子に含めませんでしたが、「取説の見易さ」「スムージ可能」「食洗機対応」などを比較対象に加えてもよいかもしれません。

ABOUT ME
MtDango
会社員→フリーランス→会社員→自由業? 49歳の時に27年間勤めた会社を退職し、フリーランスを経て、51歳で再就職。 仕事の傍、似顔絵を描いたり、ブログを書いたり。 このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。 ありがとうございます。
JAC Recruitment