転職

50代で転職活動をお考えの方必見!今すぐやるべき準備とは

JAC Recruitment

50代で転職はもう遅い?と考える人も多いと思います。
まず、こちらを見てください。
厚労省が発表している入職率と離職率のグラフです。

引用元:厚労省のHP
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-2/index.html

厚労省の統計によると、50〜54歳の入職率は4.7%、55〜59歳の入職率は5.4%となっています。
他の年代と比べると50代の入職率は最も低いです。

賃金変動はというと、50〜54歳は-5.0ポイント、55〜59歳は-26.3ポイントで、少なからず減収となっている人がいることがわかります。

このデータだけ見ると、やはり、50代での転職はリスクが高いように感じます。
ですが、悲観するのは早いです。

私の場合、49歳で退職し51歳で再就職したのですが、前職と変わらないレベルで給料をいただける会社に転職できました。むしろ残業量を前職と同じ位やれば給料は上がるレベルです。
タイミングや運が良かったのかもしれませんが、転職エージェントが紹介してくれた会社が自分にぴったり合ったのです。

会社を辞める時、特に事前準備などしていませんでした。
希望退職者の募集に乗っかって「なんとかなるだろう」位の感じで退職したので、事前に準備していたら行動が変わっていたかもしれません。
経歴詳細はプロフィールに記載していますので、ご興味がある方はご覧になってください。
プロフィール

厚労省のデータからもわかるとおり、50代の転職は減収というリスクもありますので、準備がとても大事だと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、50代で転職活動をお考えの方必見、「こんな準備を進めましょう!」と題し、ポイントをお伝えします。

50代で転職活動をお考えの方必見、「こんな準備を進めましょう!」

1.チャンスを掴むという考え方

49歳の時、希望退職の募集に乗っかり会社を辞めました。
自分にとってはチャンスだと判断したからです。
結果的に、判断は間違っていなかった、チャンスを掴めたと思っています。

もし、今まさに希望退職で会社を辞めるかどうか迷っている方は以下の記事を参考にしてください。(もうちょっとしたら記事ができますので少しお待ちください。ごめんなさい)
希望退職に乗っかるべきか?

チャンスを掴むということ

「具体的にチャンスを掴むということは」
を体系的に具体例を交えて説明されているわかりやすい動画を紹介しますので、ぜひご覧になってください。

この動画、5回位見ました。

転職に特化した内容ではありませんが、転職時にチャンスを掴むということについてもしっかり説明されていて、腹落ちします。

要約

要約すると、相場を知っていれば、目の前にチャンスの神様が来た時に掴むことができるという内容です。ちょっと、ざっくりしすぎですが。

正直、自分が会社を辞めた時も、再就職の準備の時もこんな発想は全くありませんでした。
目から鱗です。

2. 自分を知る

なんか嫌なテーマだと思われるかもしれませんが、そんなに難しく考えず、気楽に読んでください。
でも、転職に失敗しないためにはとても重要なことだと考えています。

50代で転職をする場合、過去の職歴をベースに同業種で次の仕事を探すことが殆どでしょう。
自分の職歴を振り返る事も大事ですが、同時に自分自身を理解し、自分を大切にするためにはどうしたらよいかを知ることはとっても重要だと考えます。
1) やりたいことを知る
2) やりたくないことを挙げる

50代ともなると、仮に転職しなければよかったとなってしまった時にリカバリがなかなか難しい年齢でもあります。(若くないですからね)
転職で後悔しないためには自己理解をし、職歴x1)x2)のコア部分を知っておくことだと思います。

1) やりたいことを知る

この本が参考になると思います。
ぜひお手に取ってご一読ください。
【本紹介】世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

2) やりたくないことを挙げる

やりたいことよりやりたくないこと(嫌いなこと)をあげる方が簡単かもしれません。
私の場合、満員電車での通勤が苦痛でしかたなかったので、通勤時間を極力短くできる職場が条件として優先順位がかなり高かったです。

3. 勇気を出す

さあ、ここまできたら後はちょっとした勇気です。
転職エージェントに登録しましょう。
私は転職エージェントからの紹介で再就職ができました。
転職サイトではなく、転職エージェントがよいです。
50代であればハイクラスの転職エージェントがよいでしょう。
この件は別記事で取り扱います。

私のように前準備をちゃんとせず、退職するのはやはりリスクがありますのであまりお勧めできません。
が、先にお伝えした通り、チャンスがあればGOです。

まとめ

1. チャンスを掴むという考え方
2. 自分を知る
3. 勇気を出す

今回、お伝えした内容は今すぐにでも実行に移せるものもあります。
いきなり転職活動はハードルがあがりますが、準備と考えるとできることもあるでしょう。
準備がしっかりできていれば、目の前の状況がチャンスかどうかの判断がしやすくなります。
人生100年時代を踏まえ、このタイミングでじっくり自己観察するのもありだと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
MtDango
会社員→フリーランス→会社員→自由業? 49歳の時に27年間勤めた会社を退職し、フリーランスを経て、51歳で再就職。 仕事の傍、似顔絵を描いたり、ブログを書いたり。 このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。 ありがとうございます。
JAC Recruitment